2010年02月05日

インフル患者、再び減少=累計2000万人突破−感染研(時事通信)

 1月31日までの1週間に全国約5000カ所の医療機関から報告されたインフルエンザ患者は、1カ所当たり6.46人で、前週(9.03)より減少したことが5日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。前週は8週ぶりに増加したが、再び減少に転じた。
 1週間の推計患者数は約35万人で、昨夏以降の累積は推計約2006万人。ほとんどが新型とみられる。 

【関連ニュース】
インフル患者、8週ぶり増加=週48万人、ほとんど新型
インフル患者減少、7週連続=子供で増加傾向
余っても解約条項なし=輸入ワクチン、大量廃棄も
インフル患者、6週連続減少=ほとんど新型
インフル患者、減少続く=休暇の影響も

<雑記帳>「逆チョコ」はいかが(毎日新聞)
【中医協】10対1入院基本料にも看護必要度(医療介護CBニュース)
【偽りの果てに 連続婚活詐欺・不審死事件】(上)“名家育ち”破滅の人生 (産経新聞)
鳩山首相、普天間「予定通り返還されるべき」(産経新聞)
3人乗り漁船が不明=船体の一部発見−北海道(時事通信)
posted by セイケ タカシ at 14:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。