2010年01月18日

<生物多様性年>「森は心のふるさと」C・W・ニコル氏講演(毎日新聞)

 名古屋市で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が行われる今年が国連の定める「生物多様性年」に当たることから、COP10支援実行委員会は16日、市内で「国際生物多様性年オープニング記念行事」を開いた。作家のC・W・ニコル氏が「森は日本人の心のふるさと。世界に日本の森の良さを自慢してほしい」と講演した。

 「生物多様性年」は、締約国会議が10回目を迎える今年が「生物多様性の損失速度を2010年までに顕著に減少させる」とした目標年にも当たることから定められた。イギリス生まれのニコル氏は、30年前に長野県信濃町の黒姫高原の里山を買い取って移り住み、森の再生に取り組んでいる。ニコル氏は「日本は人口密度が高いのに、野生のクマが生息できることに感動した」と日本国籍を取得した理由を語り「ここ数十年で大好きな日本の自然が変わったが、それでも森を再生すると生物は戻ってきた」と自然の豊かさを訴えた。【丸山進】

【関連ニュース】
国際生物多様性年:ドイツで開幕式典
COP10:生物多様性の状態を現状以上に 政府提案へ
環境 未来へ:生物からの贈り物 微生物からプラスチック商品化
生物の多様性ってなに?/1 大量絶滅時代
国際生物多様性年:開幕を祝う ドイツで式典

<X JAPAN>米ハリウッドでビデオ撮影 ファンら魅了(毎日新聞)
総予算を全面見直し=独法・公益法人の無駄洗い出し−政府(時事通信)
自民比例定年制、山崎派が撤廃を強く主張(読売新聞)
<消費者ホットライン>守ろうよ・みんなを…12日スタート(毎日新聞)
椿まつりキャンペーン隊 石原都知事を表敬訪問(産経新聞)
posted by セイケ タカシ at 12:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。