2010年01月28日

要介護認定のバラツキ是正「一定程度達成」−日医(医療介護CBニュース)

 日本医師会の三上裕司常任理事は1月27日の定例記者会見で、「要介護認定見直しの検証に対する日医の見解」を発表した。今回の見直しにより、調査項目を選択する際の地域間のバラツキの是正を「一定程度達成できた」としている。

 要介護認定をめぐっては、昨年4月に始まった新方式が「軽度化志向」との批判を浴び、開始後2週間で同検証・検討会を開催。認定調査員テキストが見直され、10月から改訂版テキストによる認定を開始した。この結果、10月以降の判定結果で「非該当」や軽度に判定された人の割合は減少。「混乱はほぼ終息」として、まとめ案が了承された。

 見解ではこれらの経緯を踏まえ、今回の見直しにより調査項目を選択する際の地域間のバラツキの是正を「一定程度達成できた」と評価。その上で、認定調査員に対して調査票の「特記事項」の具体的な記載方法をまとめた資料が提出されたことで、今後さらに是正されるとの見方を示している。
 また、同検証・検討会で三上常任理事が、今後見直しは「公の場で検証を行うこと」を求め、まとめ案に追記された点について、日医としても「評価したい」としている。さらに、主治医意見書の「特記事項」の記載の在り方について検討していくとの意向を示した上で、要介護認定の今後の動向を注視し、何かあればその都度意見していくとしている。

 三上常任理事は会見で、主治医意見書の記載の在り方を検討するに当たって、認定調査員テキストの中で実際の記入例が示されていることを受け、「そのようなものを主治医意見書の特記事項の部分でも示していきたいと思う」と述べた。具体的な方法などについては厚労省と相談するとした。


【関連記事】
要介護認定「混乱はほぼ終息」−見直し検証・検討会
1次判定で「非該当」3.3ポイント減―要介護認定
「軽度化」批判で迷走―2009年重大ニュース(4)「要介護認定」
要介護認定基準の見直しを評価―日医
新要介護認定、10月にも調査員テキスト修正

<火災>民家など全焼、2遺体を発見 鹿児島・枕崎(毎日新聞)
<訃報>山口光子さん67歳=ギャラリー山口社長(毎日新聞)
開かれない党首「討論」…小沢氏が導入主張したが(読売新聞)
死体取扱数16万858体 検視官の臨場率、大幅増 「犯罪死」見逃し警戒感高まる(産経新聞)
「斟酌の理由ない」に反発=沖縄出身議員(時事通信)
posted by セイケ タカシ at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群馬・嬬恋「ハグ」イベント 参加申し込みゼロで中止(産経新聞)

 ■妻を愛していますが、寒いので…

 「つまごい」と読む村名にちなみ「愛妻」をテーマに地域おこしに取り組んでいる群馬県嬬恋村の冬の新イベント「愛妻の丘でハグしよう−極寒星空ハグ−」が中止に追い込まれた。

 理由は、参加カップルの申し込みがゼロだったため。20日の締め切りを22日まで延ばしたが、効果なし。村は高原地帯で冬は気温が氷点下に下がるため、村観光商工課は「ハグするためだけに寒い所には来ないのかも」としょげている。

 「愛妻の日」の31日にハグにちなんで午後8時9分に抱擁する趣向で、村は「普段見られない景色や星空に囲まれてハグできる」とアピールしたが、問い合わせが10件程度あっただけだった。

 村は平成18年から毎年9月、普段言いにくい妻への気持ちを思い切り叫ぶ「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ」(通称・キャベチュー)を開催し、恒例行事として人気を集めている。村は「ハグが恥ずかしかったわけではないはず。これからも“愛妻の聖地”としてPRしていきたい」と意欲を示している。

【関連記事】
ビジネスマンのストレス解放 群馬・嬬恋村の魅力を追う
年末年始の観光客、温泉地20万人割れ 群馬県
嬬恋村が財政健全化団体に
嬬恋高原キャベツ・マラソン
特別天然記念物ニホンカモシカによるキャベツ被害2億円

遣唐使船 再現し上海万博へ…角川文化振興財団が計画(毎日新聞)
「官民協力」奏功 振り込め被害3分の1 検挙率も77%(産経新聞)
喜多方市長選 山口信也氏が初当選(毎日新聞)
<衆院予算委>2次補正通過へ 集中審議2月実施で合意(毎日新聞)
<鹿屋市長選>会社社長の嶋田芳博氏が初当選(毎日新聞)
posted by セイケ タカシ at 12:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

回らぬ風車、早大の賠償減額=つくば市の過失指摘−東京高裁(時事通信)

 小中学校に設置した風車が回らず、発電事業が実現しなかったとして、茨城県つくば市が業務を委託した早稲田大学などに約3億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は20日、早大に約2億円の支払いを命じた一審判決を変更し、早大に約8950万円の支払いを命じた。
 小林克已裁判長は、つくば市は事前に風力発電の事業化は困難と把握していたと指摘。交付金が出る国のモデル事業に選ばれるため、風が弱く風車の稼働率が低いことなどを早大に伝えていなかった同市の過失は格段に重いとして、早大の過失割合を3割にとどめた。 

【関連ニュース】
自治体の「25%削減」支援=地域ぐるみで温暖化対策
所得補償法案、国会提出先送り=農水相
10アール1万5000円を一律支給=コメ所得補償で詳細
24道府県が減産=10年産米の生産目標
戸別所得補償の対象限定=地方・農家が費用負担も

花粉、例年並みか少なめ=日照不足や低温影響−環境省(時事通信)
<東京都議補選>島しょ部で自民勝利、小沢幹事長問題影響?(毎日新聞)
群馬・嬬恋「ハグ」イベント 参加申し込みゼロで中止(産経新聞)
<足利事件>92年1月28日の地検聴取テープ(1)(毎日新聞)
ニコチン依存症 20代喫煙者7割 年数短く保険適用わずか1割(産経新聞)
posted by セイケ タカシ at 06:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。